SDG Mistresa RT HARC-PRO.

 2019年SDG Mistresa RT HARC-PRO.チーム体制

2018シーズンに全日本ロードレース選手権ST600クラス、J-GP2クラスに参戦したMistresa RT HARC-PRO.は2019シーズン、SDG Mistresa RT HARC-PRO.として、下記の体制で戦います。

 

全日本ロードレース選手権シリーズ

ST600クラス 上原大輝 Honda CBR600RR

J-GP2クラス     榎戸育寛 Honda HP6q

MFJカップシリーズ

JP250クラス 赤間 清 Honda CBR250RR

 

本田重樹 HARC-PRO. レーシングチーム代表
「勝ったレースから学ぶことは少ないが、負けたレースは多くを学ぶ。我々がレースに
勝つことは、一般の仕事でいえば業務完了。負けた時は、仕事が間に合わない、精度が
基準に達していない、ということと同じ。一般社会でコンマ 1 秒の遅れは問題ではあり
ませんが、我々のレースでは負けとなります。その差がコンマ 1 秒ではなく、例え 100
分の 1 秒でも負け。レースでの 2 位は、負けた奴の中で一番速かっただけに過ぎない。
私たちは“負け方”を大事にします。 同じ負けでも大差の負けは原因が掴みやすいが、
僅差の負けは難しい。製造業と同じ、1 ミリ単位での誤差は原因究明が掴みやすいが、
100 分台の誤差を埋めるのは容易ではない。仕事もレースも基本は同じだと思う。 携
わる全ての皆さんが仕事の本質的な部分を共有出来れば幸いです。 今後ともよろしく
お願い申し上げます。 」

柏木健作 昭和電機グループ CEO
「2014 年からコーポレートカラーをミストレーサーブルーに変更。モーターサイクル
レースの格好良さを積極的に採り入れたプロモーションを同時展開し、2014 年売り上
げ 60 億円から、2018 年の売り上げ見込みが 87 億円と、弊社の売り上げは約 1.5 倍の伸
びとなりました。2018 年全日本最終戦の昭和電機グループ応援ツアーも 1400 人の動員
となり、企業のイメージアップが、直接的に売り上げアップに繋がることを実感してい
ます。モーターサイクルレースの秘めるポテンシャルは、まだまだ大きいと感じていま
す。こうしたことが可能となっているのはひとえに、チーム運営をいただいているハル
ク・プロの本田会長、本田社長始め、スタッフの皆さんのおかげと心より感謝していま
す。2019 年は新たに榎戸育寛選手を迎え入れ、三名体制となります。チーム名も、昭
和電機グループの『SDG』を新たに加えることになりました。引き続きご支援いただけ
ますよう宜しくお願いいたします。」

 

2019 レーススケジュール

ST600&J-GP2

第1戦 4月6日・7日 ツインリンクもてぎ J-GP2 榎戸育寛 予選6位・決勝5位 ST600 上原大輝 予選16位・決勝DNF レポート
第3戦 5月25日・26日 スポーツランドSUGO J-GP2 榎戸育寛 予選5位・決勝3位 ST600 上原大輝 予選25位・決勝21位 レポート
第4戦 6月22日・23日 筑波サーキット J-GP2 榎戸育寛 第1レース予選3位・決勝1位 第2レース予選3位・決勝3位 ST600 上原大輝 第1レース予選18位・決勝DNF 第2レース予選22位・決勝27位 レポート
第6戦 8月31日・9月1日 岡山国際サーキット J-GP2 榎戸育寛 予選3位・決勝1位  ST600 上原大輝 予選17位・決勝15位 JP250 レポート
第7戦 10月5日・6日 オートポリス J-GP2 榎戸育寛 予選3位・決勝2位  ST600 上原大輝 予選22位・決勝14位 レポート
第8戦 11月2日・3日 鈴鹿サーキット

 

JP250

第1戦 4月6日 ツインリンクもてぎ 赤間 清 予選15位 決勝11位 レポート
第2戦 5月25日 スポーツランドSUGO 赤間 清 予選17位 決勝10位 レポート
第3戦 6月22日・23日 筑波サーキット 赤間 清 第1レース予選19位・決勝20位 第2レース予選18位・決勝17位 レポート
第4戦 8月31日 岡山国際サーキット 赤間 清 予選19位・決勝DNF レポート
第5戦 10月5日 オートポリス 赤間 清 予選13位・決勝14位 レポート
第6戦 11月2日 鈴鹿サーキット

昭和電機グループ正社員ライダーである名越哲平は2019シーズンも、MuSASHi RT HARC-PRO. からJ-GP2クラスへ継続参戦します。

 

ARCHIVE

2018年 Mistresa RT HARC-PRO.